ここから本文です。

一般事業主行動計画

次世代育成対策推進法に基づく一般事業主行動計画(第4期)
社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境を作ることによって、全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、引き続き次世代育成を支援することを目的として、次のとおり策定する。

計画期間

2019年4月1日~2022年3月31日(3年間)

内容

〈目標〉

  • 目標1)出産・育児制度を必要に応じて法定以上に設定し就業規則の見直しを行う。
  • 目標2)管理職の手前の職階にある女性労働者を対象とした昇格意欲の喚起又は
    等理職に必要なマネジメント能力等の付与のための研修の実施。

〈対策〉

目標1)

2019年4月1日~2020年3月31日

  • 第3期に引き続き、現行制度での各出産・育児関連制度の実施状況・ニーズについて調査を行う。

2020年4月1日~2021年3月31日

  • 調査結果に基づき、出産・育児関連制度について拡充の可否及び範囲を検討する。

2021年4月1日~2022年3月31日

  • 検討結果に基づき、就業規則等の整備を行っていく。

目標2)

2019年4月1日~2020年3月31日

  • 教育計画に盛り込み研修を実施する。実施した研修を振り返り当社にあった研修内容の見直しを検討する。

2020年4月1日~2021年3月31日

  • 2019年度見直した研修を実施する。実施した研修を振り返り更なるブラッシュアップを検討する。

2021年4月1日~2022年3月31日

  • 2020年度見直した研修を実施する。
女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画(第1期)
女性が管理職として活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

計画期間

2016年4月1日~2021年3月31日(5年間)

当社の課題

管理職に占める女性の割合が男性に比べ少ないこと

内容

〈目標〉

管理職に占める女性の割合を現在(6%)の倍とする。

〈対策〉

2016年4月1日~

  • 部署ごとの男女別評価を検証し、現在の人事評価について女性にとって不利な昇進基準となっていないか、男女公正な昇進基準となっているか精査し、必要に応じて評価基準の見直しを検討する。

2016年4月1日~

  • 女性職員を対象として管理職育成を目的としたキャリア研修について、女性社員に対する研修ニーズをヒアリングし、これに基づき研修プログラムを検討し実施する。

2021年4月1日~

  • 上記の対策を実施することにより、目標を達成する。
採用した労働者に占める女性労働者の割合
※採用期間は、2018年4月1日から2019年3月31日までの1年間。
社員区分      
割合 割合 割合
社員 16名 50.0% 16名 50.0% 32名 100.0%
パート 3名 16.7% 15名 83.3% 18名 100.0%
19名 38.0% 31名 62.0% 50名 100.0%

ここまで本文です。

一般事業主行動計画